パリ事務所(クレア・パリ=CLAIR PARIS)は、日本の地方団体のフランスにおける共同窓口として、1990年10月に設置されました。

A+ A A-

CLAIR Paris Blog 2022

「サイクリングしまなみ2022」参加者募集中!

愛媛・広島両県など地元自治体や関係機関等が連携し、「サイクリストの聖地」瀬戸内しまなみ海道の魅力を広く国内外へ情報発信するとともに、大会を契機にしまなみ海道地域への継続的な誘客を図り、地域の振興・活性化につなげることを目的として、10月30日(日)に、国際サイクリング大会「サイクリングしまなみ2022」が開催されます。

第31回全国高等学校漫画選手権大会(まんが甲子園)予選作品募集!

日本の高知県は、「アンパンマン」の作者 やなせたかし氏の出身地でもあり、まんが文化を推進しています。高知県では、一年間を通して、様々なまんがのイベントを開催しています。

現在、夏のイベント「まんが甲子園」では予選作品を募集しています。

 

【北海道池田町】北海道池田町が開発した醸造用ブドウ品種「山幸」が国際ブドウ・ワイン機構に品種登録される快挙!

 池田町が経営する十勝ワインが独自開発したブドウ品種「山幸(やまさち)」が、国際ブドウ・ワイン機構(OIV)に品種登録されました。
 日本の醸造用ブドウでOIVに登録されるのは「甲州」「マスカット・ベーリーA」に次いで3例目です。OIVに登録されていないワインは全て「日本産赤ワイン」としてしか輸出できないため、国際的なブドウ品種として認められた快挙といえます。
 その山幸について、フランス人有名シェフのアマンダさんが語り、料理に活かすPRビデオが公開されています。ぜひご覧ください。

2月~3月 日欧地域連携ヘルプデスクウェビナー 日欧地域連携の好事例を発信しました!

クレアでは、日欧地域連携の更なる発展を支援するため、アルザス欧州日本学研究所(CEEJA)と連携し、日本と欧州の地域間の産業連携の好事例を紹介するウェビナーを開催しています。

 2021年12月のウェビナーに引き続き、2月には「兵庫・神戸/ドイツ北部の地域間連携から 医療分野の未来に向けて」と題し、医療分野における公益財団法人神戸医療産業都市推進機構とドイツ産業クラスターの地域連携、3月には「三重県とスペイン・バスク州の多様な地域連携 ~産業、食、巡礼道~」と題し、三重県とスペイン・バスク州との産業・食・巡礼道に関する地域連携の好事例を取り上げました。

ウェビナーを通し、地域連携を成功させるための様々なポイントが紹介されました。録画映像(英語のみ)は、日欧地域連携ヘルプデスクのHPよりご覧いただけます。

 https://my.duda.co/site/6815427d/ja/best-practices5de790d2#1558017764

【募集】第10回『「伝統と先端と」~日本の地方の底力~』の出展自治体を募集しています

クレアパリ事務所では、日本の地方に根付いた伝統産業技術の効果的な発信や、伝統産業工芸品のPR、テストマーケティングを目的として、第10回『「伝統と先端と」~日本の地方の底力~』を開催します。

自治体の皆様にとっては、比較的少ない負担でフランスでのテストマーケティングを実施する機会となりますので、ぜひご出展ください。

モナコで岡山県産の日本酒PR 〜酒飲みの好む酒、雄町米から作られたお酒の魅力〜

※この記事はクレアパリの所管国の地方行政関係者向けて配信しているニューズレター「é-CLAIR」116号の記事の日本語版です。

フランス語版はこちら
Pour consulter la version en français, cliquez ici.

 2021年12月3日から5日にかけて、モナコ公国を代表する国際会議場・展示会場であるグリマルディフォーラムにて、第2回「MADE in JAPAN in MONACO」が開催されました。モナコ・南フランスの一般消費者に日本文化と日本商品の素晴らしさを伝えることを目的として開催されたこのイベントには、日本の地方自治体や民間事業者が多数出展し、観光PRや日本食・伝統工芸品の展示販売を行いました。

リヨン市アンペール高校と岡山県高梁市との交流が一歩前進しました!

※この記事はクレアパリの所管国の地方行政関係者向けて配信しているニューズレター「é-CLAIR」116号の記事の日本語版です。

フランス語版はこちら
Pour consulter la version en français, cliquez ici.

2021年12月7日、クレアパリは、岡山県高梁市と教育交流協定を結んでいるリヨン市のアンペール高校(Collège-Lycée Ampère)を訪問し、校長のグラン(GRAND)氏に高梁市市長の書簡を届けるとともに、今後の交流について意見交換を行いました。 

海がインスピレーションの源になるとき

鳥羽市観光課

1
写真:鳥羽の有人離島の一つ、答志島からの眺め

伊勢志摩国立公園の伊勢湾に面した鳥羽は、波の音海の恵みが迎えてくれる町です。見渡す限りの島々、そこに住む人々と海の強い結びつきを感じることができます。

そして鳥羽は、アワビやサザエ、海藻等を獲る強い女性「海女」の数が日本一多い都市でもあります。この地で2000年続く海女漁の伝統は多くの作家を魅了してきました。フランス人作家の Cédric Morgan氏 は、鳥羽での滞在後2021年4月に『Les sirènes du pacifique』という本を出版しています。

日本遺産「日本初『旅ブーム』を起こした弥次さん喜多さん、駿州の旅~滑稽本と浮世絵が描く旅のガイドブック(道中記)~」の魅力と楽しみ方

 2020年6月に、静岡県藤枝市・静岡市の東海道に関する歴史や文化が日本遺産に認定されました。「日本遺産」とは、地域の歴史的魅力や特色を通じて日本の文化や伝統を語るストーリーのことで、現在全国で104のストーリーが日本遺産に認定されています。

 藤枝市・静岡市の日本遺産「日本初『旅ブーム』を起こした弥次さん喜多さん、駿州の旅~滑稽本と浮世絵が描く旅のガイドブック(道中記)~」は、当地域に数多く残る江戸時代(1603年~)の旅にまつわる歴史や文化をストーリーにまとめたものです。

子どもたちの夢は、ふるさとの駅弁とともに

大館市立東中学校

 秋田県大館市は、日本の東北地方にある過疎化の進んだ人口7万弱の地方都市です。かつては鉱山で栄えた大館市も、地域経済の衰退と共に人口の流出に歯止めがかかりません。しかし、大館市は世界遺産である白神山地、国立公園である十和田湖、八幡平に囲まれた自然豊かな土地です。春・夏・秋・冬の四季がはっきりしており、季節折々のお祭り、季節の地元食材を使った郷土料理、秋田杉を材料にした曲げわっぱと言う伝統工芸品など、自慢できる文化、伝統が数多く根付く土地でもあります。

 大館市では、地方都市の課題を打破するため、教育による地方創生を目指し、ふるさとを愛し、社会に貢献する人材育成に力を入れています。10年ほど前から、「ふるさとキャリア教育」という独自のカリキュラムを市内の全小学校、中学校でおこなっています。「大館盆地を学舎に、市民一人一人を先生に」をコンセプトに、子どもたちの授業は学校を飛び出し、地域の企業や団体と一緒に、農作物を作ったり、商品開発をしたりして、販売までを体験しながら学んでいます。そのように1年を通した学習の中で、子どもたちは、ふるさと大館のために自分たちは何ができるのかを考え、試行錯誤し、社会に直接働きかけ、手応えを感じています。

 今日は、その中でも2021年4月に始動したフランス・パリとつながりをもつ大館市立東中学校のプロジェクトを紹介します。