パリ事務所(クレア・パリ=CLAIR PARIS)は、日本の地方団体のフランスにおける共同窓口として、1990年10月に設置されました。

A+ A A-

所管国の地方行政関係者等に対し、日本の地方行政制度、地方公共団体の先進施策、当事務所の事業・活動等を紹介するため、季刊のニューズレター「é-CLAIR」を発行しています。最新号、バックナンバーをご紹介します。

最新号

105

○「é-CLAIR/La lettre de CLAIR Paris 105号」概要

Actualités(トピックス)
• ダヴィッド・アスリーヌ上院副議長インタビュー 「地域発展の好機となるパリ・オリンピックを原動力とし、地域の力を結集」
• 東京オリンピック・パラリンピックにおけるホストタウンの取組について(内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部)
• 東京オリンピック・パラリンピック、ラグビーワールドカップ日本大会に向けた山梨県の取組について(山梨県)
• エクサンプロヴァンス市・熊本市:フランス外務省の共同出資によるプロジェクトの枠組みの中で友好関係を強化(エクサンプロヴァンス市)
• オルレアン市・宇都宮市:姉妹都市提携30周年の節目にさらなる交流深化を誓う(オルレアン市)
• バルビゾン村・朝来市:芸術・文化・自然を中心とした交流(朝来市)


Activités(クレア事業紹介)
• JETAA:ギメ東洋美術館で奈良の国宝、興福寺の3体の仏像を再発見


Informations(お知らせ)
• 「第8回まんが王国とっとり国際マンガコンテスト」作品募集中!