パリ事務所(クレア・パリ=CLAIR PARIS)は、日本の地方団体のフランスにおける共同窓口として、1990年10月に設置されました。

A+ A A-

所管国の地方行政関係者等に対し、日本の地方行政制度、地方公共団体の先進施策、当事務所の事業・活動等を紹介するため、季刊のニューズレター「é-CLAIR」を発行しています。最新号、バックナンバーをご紹介します。

最新号

106号

○「é-CLAIR/La lettre de CLAIR Paris 106号」概要


 Actualités(トピックス)
 • モン・サン=ミッシェル市との観光友好都市提携10周年を迎えて(広島県廿日市市)
 • 茨城県とエソンヌ県が19年ぶりに友好交流再開(茨城県)
 • 石川県産品及び観光素材のPR~石川ならではの魅力を発信~(石川県)

 Activités(クレア事業紹介)
 • フランスとラグビー~RWC2019日本大会開催に向けて~
 • 5人の新JETを壮行、日本とフランスの懸け橋に! ‐フランス初の双子CIR、フランス人英語指導助手、新規任用2団体‐
 • 海外自治体幹部交流協力セミナー2019を東京・静岡で開催!

 Bonnes pratiques(ベストプラクティス)
 • アセットマネジメントシステムによる橋梁の維持管理(青森県)

 Informations(お知らせ)
 • クレアパリ サロン・デ・メール出展のお知らせ
 • 三重県鳥羽市主催 座談会「奇跡の海〜2000年以上継承される海女の世界〜」開催のお知らせ