あなたが使う言語を選んでください

パリ事務所(クレア・パリ=CLAIR PARIS)は、日本の地方団体のフランスにおける共同窓口として、1990年10月に設置されました。

A+ A A-

ニース市のマルシェ・ド・ノエルに出展しました

2023年12月7日(木)から2024年1月7日(日)までの1か月間、フランス南東部の都市ニースのマセナ広場において、Marché de Noël(クリスマスマーケット)が開催されました。会場には45軒のブースが設置され、手作り製品、クリスマスデコレーション、食品などの販売が行われました。そのほかにも、観覧車やサンタクロースの家が設置されるとともに、ダンスや楽器演奏などクリスマスらしい催しが行われ、会場は大いに賑わっていました。

12月17日(日)、ニース日本人会がブースを出展するにあたり、在マルセイユ日本国総領事館とクレアパリ事務所が協力する運びとなりました。ニース日本人会は書道と生け花のデモンストレーションを、在マルセイユ日本国総領事館はおみくじを、そしてクレアパリ事務所は日本の自治体のパンフレット配布によるPRと日本酒の試飲を実施し、それぞれ異なる日本の魅力を発信しました。

にぎわう日本ブース 在マルセイユ日本国総領事館によるおみくじ

 ブースへは、ニース市民だけではなく、イタリアやスペインからの旅行者が来訪し、日本への旅行の計画や、興味のある地方についてお話されていました。東京、大阪、京都などの大きな都市はもちろんですが、山に登りたい、舞妓さんが見たい、ウインタースポーツがしたいなど、具体的な観光の目的を持っている方が多くいらっしゃいました。また、ニース市内で日本語や日本文化を学べる場所を探している方や、語学学習用に日本語とフランス語両方が書いてあるパンフレットを探している方がおり、日本文化そのものに対する関心の高さを感じました。

日本酒の試飲では、5種類のお酒を提供しました。初めて日本酒を飲むという方もいらっしゃいましたが、とりわけ、梅酒は女性に人気が高く、飲みやすいと評判でした。複数の日本酒を飲み比べた方々からは、お米という同じ原料なのにどうして味に違いが出るのかという質問が多くありました。また、どのような時に飲むのか、どの食べ物に合うのかという視点でお酒の感想を述べている方が多いことが印象的でした。試飲後に購入方法に関する質問を多数いただき、日本酒に興味を持っていただける良い機会となりました。             

パンフレットを説明する様子  日本酒の試飲の様子

今回の出展を通して、フランスの方々の日本への関心の高さを改めて実感することが出来ました。今後も、まだ知られていない日本の魅力の発信に努めてまいります。