パリ事務所(クレア・パリ=CLAIR PARIS)は、日本の地方団体のフランスにおける共同窓口として、1990年10月に設置されました。

A+ A A-

活動紹介 クレアパリ活用方法

(財)自治体国際化協会パリ事務所(通称 クレア・パリ/CLAIR Paris)は、日本の地方公共団体等に対して、次のような支援を行っています。

日本の地方公共団体が活動支援対象国(フランス、ベルギー(フランス語圏)、スイス(フランス語圏)、スペイン)で活動される際、訪問先へのアポイントメント、訪問期間の設定、通訳など色々と悩むことが出てきます。当事務所としては日本の地方公共団体の活動に関する情報提供や支援させて頂く取組みがありますので、ぜひご活用ください。

⇒⇒⇒詳しくは活動支援の依頼方法をご覧ください。

 

日本の地方公共団体からの依頼に基づく所管国(フランス、ベルギー、ルクセンブルク、スイス、イタリア、スペイン、ポルトガルの7カ国)の地方行政制度及び先進施策等に関する調査行政実務では、国際比較や制度比較をする必要があります。所管国に関して、報道等には出てこない疑問・質問があれば、ぜひ調査を依頼ください。

⇒⇒⇒詳しくは調査の依頼方法をご覧ください。

 


そのほか、職員を長期・短期にフランスに派遣して、調査を行うことがあります。調査の基点となるような場所が必要な際には、出張者用レンタルデスクをご活用ください。

⇒⇒⇒詳しくは出張者用レンタルデスクをご覧ください。

 

また、クレア・パリでは、所管国の地方公共団体に対する日本の地方行政制度及び先進施策等に関する情報提供、同団体との連携強化、情報交換を行っています。特に、2008年から始まっている日仏自治体交流会議については、日仏の自治体に対して、積極的に支援させて頂いております。また、最近は、観光博覧会、産業展示会等の経済活動の分野にも力を入れております。

⇒⇒⇒詳しくはこれまでの活動のご紹介をご覧ください。

 


さらに、小・中・高校で語学指導に従事する外国語指導助手(ALT)、地方公共団体の国際関係部署等において国際交流活動に従事する国際交流員(CIR)及び地域においてスポーツを通じた国際交流活動に従事するスポーツ国際交流員(SEA)等を派遣するJETプログラム事業について、支援及び広報を行っております。加えて、JETAA FRANCE(JET参加者の同窓会組織)に対する支援も行っております。

⇒⇒⇒詳しくはJETプログラムのご紹介をご覧ください。

 


※ 当事務所の連絡先・アクセスについてはこちらをご覧ください。