パリ事務所(クレア・パリ=CLAIR PARIS)は、日本の地方団体のフランスにおける共同窓口として、1990年10月に設置されました。

A+ A A-

天皇誕生日レセプションにて地方自治体が日本の食・酒をPR

11月6日、パリ市内の在フランス日本国大使公邸にて開催された天皇誕生日レセプションに、兵庫県、広島県、香川県、佐賀県、金沢市などが出展し、地元の酒・食をPRしました。

 フランスの国会議員などをはじめとする各界の代表者や在留邦人代表ら約600人が出席したこのレセプションで、クレアパリでは讃岐うどんを出展した香川県、日本酒を出展した広島県を支援し、それぞれの地域の味覚のPRに努めました。香川県のブースでは完全に手打ちで作られたうどんが提供されました。初めてうどんを食べるフランス人からも「とてもおいしい」との声が聞かれました。広島県のブースでは9酒蔵の日本酒が提供されました。日本酒好きのフランス人から「辛口が飲みたいけどおすすめを教えて。」、「この日本酒はパリでも購入できるのか。」といった質問が寄せられ、フランスにおける日本酒市場の高まりを感じました。

 22 tentan

天皇誕生日レセプションでうどんの説明をする木寺昌人駐フランス日本国特命全権大使(写真中央)