パリ事務所(クレア・パリ=CLAIR PARIS)は、日本の地方団体のフランスにおける共同窓口として、1990年10月に設置されました。

A+ A A-

当事務所広報誌「é-CLAIR/La lettre de CLAIR Paris 110号」を発行

所管国の地方行政関係者等に対し、日本の地方行政制度、地方公共団体の先進施策、当事務所の事業・活動等を紹介するため、季刊のニューズレター「é-CLAIR」を発行しています。

 

最新号

 

110号(PDF)

 

○「é-CLAIR/La lettre de CLAIR Paris 110号(クレアパリ30周年記念号)」概要

 

  Spécial 30e Anniversaire(特集:クレアパリ開設30周年を記念して)

  ・事務所長挨拶

  ・クレアパリ30年の歩み

  ・クレアパリ30周年に寄せて
    -フランス都市連合(Cités Unies France)日本グループ前委員長 Jean-Michel BERLEMONT氏より
    -全仏地方自治体事務総長組合(Syndicat National des Directeurs Généraux des Collectivités Territoriales)会長 Stéphane Pintre氏より
    -ナント市長  Johanna Rolland氏、副市長  Pierre-Emmanuel Marais氏より

  ・クレア事業紹介
    -日仏自治体交流会議
    -海外自治体幹部交流協力セミナー
    -JETプログラム(外国青年招致事業)
    -日本の「地方」の伝統文化・伝統産業情報発信事業
    -フランス地方都市における出展事業

  ・日仏自治体基本情報比較