パリ事務所(クレア・パリ=CLAIR PARIS)は、日本の地方団体のフランスにおける共同窓口として、1990年10月に設置されました。

A+ A A-

「第11回飛驒高山国際現代木版画トリエンナーレ2020」作品募集のお知らせ

http://www.city.takayama.lg.jp/kurashi/1000021/1000118/1006776/index.html

飛騨高山は古来より木に恵まれ、独特の文化を育んできました。この地方で昔から盛んな木版画は「飛騨版画」と呼ばれ、伝統的な技法を継承しつつ、独自の表現の創造に取り組んでいます。 

飛驒高山国際現代木版画トリエンナーレは、“木”という自然の素材に恵まれ、木版画を大切にしてきたこの地から、飛騨高山の文化の振興と文化の息吹を発信することを目的として、素材を生かした新たな技法の発想と表現の創造を国内外に広く募るものです。

■応募期間:2019年10月1日(火)~10月31日(木)

■出品料:1点につき2,000円(一次審査通過作品のみ。一次審査は無料。)

■表彰
(1)大賞 1点:賞金50万円
(2)準大賞 1作品:賞金30万円
(3)優秀賞 1作品:賞金20万円

flyer2020jp