パリ事務所(クレア・パリ=CLAIR PARIS)は、日本の地方団体のフランスにおける共同窓口として、1990年10月に設置されました。

A+ A A-

当事務所広報誌「é-CLAIR/La lettre de CLAIR Paris 91号」を発行

所管国の地方行政関係者等に対し、日本の地方行政制度、地方公共団体の先進施策、当事務所の事業・活動等を紹介するため、季刊のニューズレター「é-CLAIR」を発行しています。

○「é-CLAIR/La lettre de CLAIR Paris 91号」概要

Actualités
・東京都知事がパリ市を訪問
・青森県弘前市がフランス自治体と発信する「りんご文化」
・群馬県富岡市とフランス「絹が結ぶ縁」
・山梨県甲府市とポー市 姉妹都市提携40周年

Activités
・マルセイユ秋祭りに出展
・南仏日仏交流関係者等との意見交換会
・第5回日仏自治体交流会議が2016年10月5日・6日にトゥールで開催
・JETプログラム 里帰り事業報告
・JETAA主催 三線コンサートのお知らせ

En Bref
・日本関連イベント報告&お知らせ
  - 富山伝統行事「布橋潅頂会」、パリで実演
  - 東京都庁舎がトリコロールカラーにライトアップ
  - 阿波踊りinパリ
  - クレアパリ事務所主催企画展 第3回「伝統と先端と-日本の地方の底力-」が2月に開催!

Bonnes pratiques
・気候変動パリ会議(COP21)における日本の自治体の活動を紹介

詳しくはこちらをご覧ください。(仏語)