パリ事務所(クレア・パリ=CLAIR PARIS)は、日本の地方団体のフランスにおける共同窓口として、1990年10月に設置されました。

A+ A A-

当事務所広報誌「é-CLAIR/La lettre de CLAIR Paris 84号」を発行

当事務所では、所管国の地方行政関係者に対し、日本の地方行政制度、地方公共団体の先進施策、当事務所の事業・活動等を紹介するため、季刊のニューズレターを発行しています。

○「é-CLAIR/La lettre de CLAIR Paris 84号」概要

  • 「和食」ユネスコ無形文化遺産登録 -日本の食文化を世界へ-
  • 日仏地方自治フォーラム  「日本とフランスにおける都市整備―今求められる生活環境とは―」
  • 東日本大震災復興イベント「FUKUSHIMA DEMAIN」
  • クレアパリ事務所主催展示会「伝統と先端と-日本の地方の底力-」
  • 自治体ベストプラクティス
        福岡県「全国初!携帯電話による漁場の栄養情報の提供」
        埼玉県「カーナビデータを活用した交通安全対策」

    詳しくはこちらをご覧ください。