パリ事務所(クレア・パリ=CLAIR PARIS)は、日本の地方団体のフランスにおける共同窓口として、1990年10月に設置されました。

A+ A A-

当事務所広報誌「é-CLAIR / La lettre de CLAIR Paris 81号」を発行

当事務所では、所管国の地方行政関係者等に対し、日本の地方行政制度、地方公共団体の先進施策、当事務所の事業・活動等を紹介するため、季刊のニューズレターを発行しています。

○「é-CLAIR / La lettre de CLAIR Paris 81号」概要

オランド大統領訪日 ~「日仏共同声明」とクレアの役割~
・2013年度ニューズレター編集方針
・日仏自治体交流トピックス
-「デニムの凱旋~日本・倉敷のものづくり展」
-「東日本再生ヴィジョン展」(パリ市、リヨン市)
-「日本食を食べて、日本食を食べに、日本に行こう」プロジェクト
・JETAA活動紹介 (講演会「桜の世界」、居合道講習会)
・自治体ベストプラクティス
-佐賀県 「99さがネット(佐賀県医療機関情報・救急医療情報システム)」
-岐阜県 「GIFU・スマートフォンプロジェクト」
・世界遺産と自治体の取り組み「復興の象徴 世界遺産平泉」(岩手県平泉町)
・日本の地方自治最前線 「国と地方の協議の場」

詳しくはこちらをご覧ください。