パリ事務所(クレア・パリ=CLAIR PARIS)は、日本の地方団体のフランスにおける共同窓口として、1990年10月に設置されました。

A+ A A-

【報告】「サロン・デ・メール」に出展しました

2012年11月20日(火)から 22日(木)までの 3 日間、パリ市南西部にあるポルト・ド・ヴェルサイユ見本市会場にて、「サロン・デ・メール(正式名 : Salon des Maires
et des Collectivités Locales : 市長と地方自治体の見本市)」が開催され、パリ事務所は、会場で唯一の外国から出展している自治体関係者として出展しました。ユネスコ本部があるパリにちなみ、「世界遺産」をテーマに、「富士山」「武家の古都 鎌倉」をPRし、また、フランスで人気のある「日本茶」にて、来場者のおもてなしをしました。会場の様子についてはCLAIRメールマガジン vol.46(2013年1月28日)にて掲載しています。
詳しくはこちらをご覧ください。