パリ事務所(クレア・パリ=CLAIR PARIS)は、日本の地方団体のフランスにおける共同窓口として、1990年10月に設置されました。

A+ A A-

当事務所広報誌「é-CLAIR/La lettre de CLAIR Paris 98号」を発行

所管国の地方行政関係者等に対し、日本の地方行政制度、地方公共団体の先進施策、当事務所の事業・活動等を紹介するため、季刊のニューズレター「é-CLAIR」を発行しています。最新号、バックナンバーをご紹介します。

 

最新号

icon pdf98号

○「é-CLAIR/La lettre de CLAIR Paris 98号」概要

 Actualités(トピックス)
  ・佐賀県“コスメティック構想”の今(佐賀県)
  ・愛知県とベルギーの3地域政府が友好交流・相互協力に関する覚書を締結(愛知県)
  ・羽生・デュルビュイ市(ベルギー)姉妹都市以上の関係(埼玉県羽生市)
  ・友好都市ラフォア市との交流の歩み(山形県鶴岡市)
  ・くまモンのフランス訪問2017(熊本県)
  ・エビアン市との交流協定締結(山梨県山中湖村)

 Activités(クレア事業紹介)
  ・2017年JETプログラム参加者7名、新たに日本に派遣
  ・海外自治体幹部交流協力セミナー2017を実施しました

  Bonnes pratiques(日本の自治体のベストプラクティス)
  ・真庭の森林を生かすICT地域づくりプロジェクト(岡山県真庭市)

  Information(お知らせ)
  ・5ヶ国語で奈良の食の魅力を発信!Taste Nara “ならじかん”ホームページ(奈良県奈良市)
  ・サロンデメール2017出展のご案内(クレアパリ)