パリ事務所(クレア・パリ=CLAIR PARIS)は、日本の地方団体のフランスにおける共同窓口として、1990年10月に設置されました。

A+ A A-

所管国の地方行政関係者等に対し、日本の地方行政制度、地方公共団体の先進施策、当事務所の事業・活動等を紹介するため、季刊のニューズレター「é-CLAIR」を発行しています。最新号、バックナンバーをご紹介します。

 

最新号

icon pdf96号

○「é-CLAIR/La lettre de CLAIR Paris 96号」概要

 Actualités(トピックス)
  ・「ふなばし森のシティ」エコカルティエのパイロット認証Etape3を取得(千葉県船橋市)
  ・浜松市の多文化共生施策(静岡県浜松市)
  ・-鎌倉市・ニース市姉妹都市提携50周年事業-(神奈川県鎌倉市)
  ・-甲州市・ボーヌ市姉妹都市提携40周年事業-(山梨県甲州市)

 Activités
  ・クレアパリ職員がフランス自治体の現地調査を実施
  ・日本の伝統工芸品を発信するパリ事務所企画展「伝統と先端と」を開催

 
Bonnes pratiques(日本の自治体のベストプラクティス)
  ・岡山ESDプロジェクトが2016年ユネスコ/日本ESD賞を受賞しました(岡山県岡山市)