パリ事務所(クレア・パリ=CLAIR PARIS)は、日本の地方団体のフランスにおける共同窓口として、1990年10月に設置されました。

A+ A A-

市川市の神輿を一緒にかつぎませんか?

日程:2018年10月20日(土)15:30~16:00

   2018年10月22日(月)11:00~11:30

場所:アクリマタシオン庭園

10 月17 日~27 日にパリにて開催されるジャポニスム2018「地方の魅力-祭りと文化」。アクリマタシオン庭園で行われる各地のお祭りの紹介イベントに千葉県市川市が参加し、神輿パレードを行います。

市川市行徳では3年に1度、五ヶ町例大祭が開催されます。このお祭りでは町内から町内へ担ぎ手が交替しながら神輿の渡御が行われます。担ぎ手は24人で白装束の男性のみ。担ぎ方も独特で、神輿を頭上高く片手で上げる「さし」、頭よりも高く投げ上げてから受け止める「放り受け」、地面すれすれまで下げる「地すり」など、掛け声も含めて、ほかの地域の担ぎ方とは違った特徴的なもので、その迫力に圧倒されます。

今回特別に、この神輿に触れていただき、市川市から渡仏する担ぎ手と一緒に担いでパレ ードに参加していただくことができます。行徳神輿の渡御を日本国外でお見せできるのは今回が初めてです。

職人により作られた美しい曲線を描く屋根、彫師による非常に精巧な彫刻、かざり金具の美しさ、漆の美しい光沢など身近で見ることのできる機会です。 ぜひ当日ご来場いただき、その美しさと迫力を体感してください!

 

20141012行徳五カ町の大祭八幡神社境内の神輿渡御本行徳 行徳神輿 
五ヶ町例大祭での渡御の様子
片手で神輿を頭上高く上げる「さし」
精巧なつくりの行徳神輿
間近で見ると、その美しさに圧倒されます