パリ事務所(クレア・パリ=CLAIR PARIS)は、日本の地方団体のフランスにおける共同窓口として、1990年10月に設置されました。

A+ A A-

兵庫県食材の魅力をパリでPR!!

2017年7月10日に、兵庫県の魅力を紹介する「日本の縮図 兵庫県 Hyôgo l'essence du Japon」フェアのオープニングイベントが、パリ2区の「La Maison du Sake」にて開催されました。 このフェアは、兵庫県が県産農林水産物や食品の輸出促進を図るために主催し、2017年7月から10月にかけて実施される予定です。

 

兵庫県は、瀬戸内海と日本海に面し、摂津、播磨、但馬、丹波、淡路と5つの地域で構成され、豊かな自然環境に恵まれています。オープニングイベントでは、その歴史や伝統文化、観光などについて紹介しながら、兵庫県内の企業14社から18品目の食材・日本酒がPRされました。神戸ビーフや淡路島産の玉ねぎ等の食材を、兵庫県出身でミシュラン1つ星レストラン「ES」の本城昂結稀(たかゆき)シェフが兵庫県産の日本酒に合わせた特別メニューに仕立てました。来場者は淡路島産玉ねぎのブランマンジェや和牛細切り炙りオイスターがけ、黒豆絞り豆のバニラケーキなどの料理を味わうとともに、3種類の異なる日本酒を真剣に飲み比べていました。

IMG 4875                         IMG 4837

    兵庫県のバナースタンド                                歴史・伝統文化・観光について紹介

IMG 4867       IMG 4871   

      県産品の試食に列をなす来場者                         県産品を使った料理等の試食