パリ事務所(クレア・パリ=CLAIR PARIS)は、日本の地方団体のフランスにおける共同窓口として、1990年10月に設置されました。

A+ A A-

フランスでKonjac(こんにゃく)が話題に!

  フランスにおいて、栄養と減量の専門医であるソフィー・オルテガ医師が、こんにゃくなどに関する本「SECRETS SANTE ET MINCEUR DU JAPON」(「日本の健康と細身の秘密」)を出版し、フランス国営放送が取材するなど話題となっている。

  同書では、日本人の食生活を紹介しながら、こんにゃくが健康、スタイル維持、若さに良い機能を果たすと紹介している。
本書は、平成27年に大沢正明群馬県知事が渡欧し、オルテガ医師と面会したことや、群馬県が医師に継続的な情報提供を行ったことにより、出版に至った経緯があり、書籍内で群馬県についても紹介がなされている。

 併せて、4月26日には、群馬県主催、クレアパリ協力のもと、オルテガ医師による出版記念講演会が、パリのベルタンポワレで開催された。会場は、約30名の食・健康関連のフランス人ジャーナリストに加え、美容や食に関心のある来場者で満席となった。

 来場者からは、「和食は作るのが難しいと思っていた。けれども今日のオルテガ先生の説明で、思っていたより簡単に作れることがわかった。特に本の中のレシピは健康に良いものばかりが紹介されているので、早速その料理を作ってみたい。」、「フランス人の栄養学の先生が、ここまで具体的に、専門的見解から、その良さを話してくれたので、今までに日本の食材について聞いたどんな話よりも、納得出来た。」などのコメントが寄せられた。

1   2

写真1 講演会場の様子          写真2 当日の配布資料

3

写真3 書籍写真